コンテンツにスキップ

Logging

Functions

Name
int wolfSSL_SetLoggingCb(wolfSSL_Logging_cb log_function)
この関数は、WolfSSLログメッセージを処理するために使用されるロギングコールバックを登録します。デフォルトでは、システムがIT fprintf()をSTDERRにサポートしている場合は、この関数を使用することによって、ユーザーによって何でも実行できます。

Functions Documentation

function wolfSSL_SetLoggingCb

int wolfSSL_SetLoggingCb(
    wolfSSL_Logging_cb log_function
)

この関数は、WolfSSLログメッセージを処理するために使用されるロギングコールバックを登録します。デフォルトでは、システムがIT fprintf()をSTDERRにサポートしている場合は、この関数を使用することによって、ユーザーによって何でも実行できます。

See:

Return:

  • Success 成功した場合、この関数は0を返します。
  • BAD_FUNC_ARG 関数ポインタが提供されていない場合に返されるエラーです。 Example
int ret = 0;
// Logging callback prototype
void MyLoggingCallback(const int logLevel, const char* const logMessage);
// Register the custom logging callback with wolfSSL
ret = wolfSSL_SetLoggingCb(MyLoggingCallback);
if (ret != 0) {
    // failed to set logging callback
}
void MyLoggingCallback(const int logLevel, const char* const logMessage)
{
// custom logging function
}

Updated on 2024-06-14 at 02:31:17 +0000