コンテンツにスキップ

hash.h

Functions

Name
int wc_HashGetOID(enum wc_HashType hash_type)
この関数は提供されたwc_hashtypeのOIDを返します。
int wc_HashGetDigestSize(enum wc_HashType hash_type)
この関数は、hash_typeのダイジェスト(出力)のサイズを返します。返品サイズは、WC_HASHに提供される出力バッファが十分に大きいことを確認するために使用されます。
int wc_Hash(enum wc_HashType hash_type, const byte * data, word32 data_len, byte * hash, word32 hash_len)
この関数は、提供されたデータバッファ上にハッシュを実行し、提供されたハッシュバッファにそれを返します。
int wc_Md5Hash(const byte * data, word32 len, byte * hash)
利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。
int wc_ShaHash(const byte * data, word32 len, byte * hash)
利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。
int wc_Sha256Hash(const byte * data, word32 len, byte * hash)
利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。
int wc_Sha224Hash(const byte * data, word32 len, byte * hash)
利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。
int wc_Sha512Hash(const byte * data, word32 len, byte * hash)
利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。
int wc_Sha384Hash(const byte * data, word32 len, byte * hash)
利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Functions Documentation

function wc_HashGetOID

int wc_HashGetOID(
    enum wc_HashType hash_type
)

この関数は提供されたwc_hashtypeのOIDを返します。

See:

Return:

  • OID 戻り値0を超えてください
  • HASH_TYPE_E ハッシュ型はサポートされていません。
  • BAD_FUNC_ARG 提供された引数の1つが正しくありません。 Example
enum wc_HashType hash_type = WC_HASH_TYPE_SHA256;
int oid = wc_HashGetOID(hash_type);
if (oid > 0) {
    // Success
}

function wc_HashGetDigestSize

int wc_HashGetDigestSize(
    enum wc_HashType hash_type
)

この関数は、hash_typeのダイジェスト(出力)のサイズを返します。返品サイズは、WC_HASHに提供される出力バッファが十分に大きいことを確認するために使用されます。

See: wc_Hash

Return:

  • Success 正の戻り値は、ハッシュのダイジェストサイズを示します。
  • Error hash_typeがサポートされていない場合はhash_type_eを返します。
  • Failure 無効なhash_typeが使用された場合、bad_func_argを返します。 Example
int hash_len = wc_HashGetDigestSize(hash_type);
if (hash_len <= 0) {
WOLFSSL_MSG("Invalid hash type/len");
return BAD_FUNC_ARG;
}

function wc_Hash

int wc_Hash(
    enum wc_HashType hash_type,
    const byte * data,
    word32 data_len,
    byte * hash,
    word32 hash_len
)

この関数は、提供されたデータバッファ上にハッシュを実行し、提供されたハッシュバッファにそれを返します。

Parameters:

  • hash_type "wc_hash_type_sha256"などの "enum wc_hashtype"からのハッシュ型。
  • data ハッシュへのデータを含むバッファへのポインタ。
  • data_len データバッファの長さ。
  • hash 最後のハッシュを出力するために使用されるバッファへのポインタ。 Example
enum wc_HashType hash_type = WC_HASH_TYPE_SHA256;
int hash_len = wc_HashGetDigestSize(hash_type);
if (hash_len > 0) {
    int ret = wc_Hash(hash_type, data, data_len, hash_data, hash_len);
    if(ret == 0) {
        // Success
    }
}

See: wc_HashGetDigestSize

Return: 0 そうでなければ、それ以外の誤り(bad_func_argやbuffer_eなど)。

function wc_Md5Hash

int wc_Md5Hash(
    const byte * data,
    word32 len,
    byte * hash
)

利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Parameters:

  • data ハッシュへのデータ
  • len データの長さ Example
const byte* data;
word32 data_len;
byte* hash;
int ret;
...
ret = wc_Md5Hash(data, data_len, hash);
if (ret != 0) {
     // Md5 Hash Failure Case.
}

See:

Return:

  • 0 データを正常にハッシュしたときに返されます。
  • Memory_E メモリエラー、メモリを割り当てることができません。これは、小さなスタックオプションが有効になっているだけです。

function wc_ShaHash

int wc_ShaHash(
    const byte * data,
    word32 len,
    byte * hash
)

利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Parameters:

  • data ハッシュへのデータ
  • len データの長さ Example
none

See:

Return:

  • 0 うまく返されました...。
  • Memory_E メモリエラー、メモリを割り当てることができません。これは、小さなスタックオプションが有効になっているだけです。

function wc_Sha256Hash

int wc_Sha256Hash(
    const byte * data,
    word32 len,
    byte * hash
)

利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Parameters:

  • data ハッシュへのデータ
  • len データの長さ Example
none

See:

Return:

  • 0 うまく返されました...
  • Memory_E メモリエラー、メモリを割り当てることができません。これは、小さなスタックオプションが有効になっているだけです。

function wc_Sha224Hash

int wc_Sha224Hash(
    const byte * data,
    word32 len,
    byte * hash
)

利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Parameters:

  • data ハッシュへのデータ
  • len データの長さ Example
none

See:

Return:

  • 0 成功
  • <0 エラー

function wc_Sha512Hash

int wc_Sha512Hash(
    const byte * data,
    word32 len,
    byte * hash
)

利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Parameters:

  • data ハッシュへのデータ
  • len データの長さ Example
none

See:

Return:

  • 0 入力されたデータを正常にハッシュしたときに返されます
  • Memory_E メモリエラー、メモリを割り当てることができません。これは、小さなスタックオプションが有効になっているだけです。

function wc_Sha384Hash

int wc_Sha384Hash(
    const byte * data,
    word32 len,
    byte * hash
)

利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Parameters:

  • data ハッシュへのデータ
  • len データの長さ Example
none

See:

Return:

  • 0 データを正常にハッシュしたときに返されます
  • Memory_E メモリエラー、メモリを割り当てることができません。これは、小さなスタックオプションが有効になっているだけです。

Source code


int wc_HashGetOID(enum wc_HashType hash_type);

int wc_HashGetDigestSize(enum wc_HashType hash_type);

int wc_Hash(enum wc_HashType hash_type,
    const byte* data, word32 data_len,
    byte* hash, word32 hash_len);

int wc_Md5Hash(const byte* data, word32 len, byte* hash);

int wc_ShaHash(const byte* data, word32 len, byte* hash);

int wc_Sha256Hash(const byte* data, word32 len, byte* hash);

int wc_Sha224Hash(const byte* data, word32 len, byte* hash);

int wc_Sha512Hash(const byte* data, word32 len, byte* hash);

int wc_Sha384Hash(const byte* data, word32 len, byte* hash);

Updated on 2024-05-24 at 02:52:38 +0000