コンテンツにスキップ

Algorithms - SHA 128/224/256/384/512

Functions

Name
int wc_ShaHash(const byte * data, word32 len, byte * hash)
利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。
int wc_Sha256Hash(const byte * data, word32 len, byte * hash)
利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。
int wc_Sha224Hash(const byte * data, word32 len, byte * hash)
利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。
int wc_Sha512Hash(const byte * data, word32 len, byte * hash)
利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。
int wc_Sha384Hash(const byte * data, word32 len, byte * hash)
利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。
int wc_InitSha(wc_Sha * )
この関数はSHAを初期化します。これは自動的にWC_Shahashによって呼び出されます。
int wc_ShaUpdate(wc_Sha * sha, const byte * data, word32 len)
長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。
int wc_ShaFinal(wc_Sha * sha, byte * hash)
データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。SHA構造体の状態をリセットします。
void wc_ShaFree(wc_Sha * )
初期化されたSHA構造体によって使用されるメモリをクリーンアップするために使用されます。注:これは、wolfssl_ti_hashが定義されている場合にのみサポートされています。
int wc_ShaGetHash(wc_Sha * sha, byte * hash)
ハッシュデータを取得します。結果はハッシュに入れられます。SHA構造体の状態をリセットしません。
int wc_InitSha256(wc_Sha256 * )
この関数はSHA256を初期化します。これはWC_SHA256HASHによって自動的に呼び出されます。
int wc_Sha256Update(wc_Sha256 * sha, const byte * data, word32 len)
長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。
int wc_Sha256Final(wc_Sha256 * sha256, byte * hash)
データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。SHA256構造体の状態をリセットします。
void wc_Sha256Free(wc_Sha256 * )
SHA256構造をリセットします。注:これは、wolfssl_ti_hashが定義されている場合にのみサポートされています。
int wc_Sha256GetHash(wc_Sha256 * sha256, byte * hash)
ハッシュデータを取得します。結果はハッシュに入れられます。SHA256構造体の状態をリセットしません。
int wc_InitSha224(wc_Sha224 * )
SHA224構造を初期化するために使用されます。
int wc_Sha224Update(wc_Sha224 * sha224, const byte * data, word32 len)
長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。
int wc_Sha224Final(wc_Sha224 * sha224, byte * hash)
データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。SHA224構造体の状態をリセットします。
int wc_InitSha512(wc_Sha512 * )
この関数はSHA512を初期化します。これはWC_SHA512HASHによって自動的に呼び出されます。
int wc_Sha512Update(wc_Sha512 * sha, const byte * data, word32 len)
長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。
int wc_Sha512Final(wc_Sha512 * sha512, byte * hash)
データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。
int wc_InitSha384(wc_Sha384 * )
この関数はSHA384を初期化します。これはWC_SHA384HASHによって自動的に呼び出されます。
int wc_Sha384Update(wc_Sha384 * sha, const byte * data, word32 len)
長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。
int wc_Sha384Final(wc_Sha384 * sha384, byte * hash)
データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。

Functions Documentation

function wc_ShaHash

int wc_ShaHash(
    const byte * data,
    word32 len,
    byte * hash
)

利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Parameters:

  • data ハッシュへのデータ
  • len データの長さ Example
none

See:

Return:

  • 0 うまく返されました...。
  • Memory_E メモリエラー、メモリを割り当てることができません。これは、小さなスタックオプションが有効になっているだけです。

function wc_Sha256Hash

int wc_Sha256Hash(
    const byte * data,
    word32 len,
    byte * hash
)

利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Parameters:

  • data ハッシュへのデータ
  • len データの長さ Example
none

See:

Return:

  • 0 うまく返されました...
  • Memory_E メモリエラー、メモリを割り当てることができません。これは、小さなスタックオプションが有効になっているだけです。

function wc_Sha224Hash

int wc_Sha224Hash(
    const byte * data,
    word32 len,
    byte * hash
)

利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Parameters:

  • data ハッシュへのデータ
  • len データの長さ Example
none

See:

Return:

  • 0 成功
  • <0 エラー

function wc_Sha512Hash

int wc_Sha512Hash(
    const byte * data,
    word32 len,
    byte * hash
)

利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Parameters:

  • data ハッシュへのデータ
  • len データの長さ Example
none

See:

Return:

  • 0 入力されたデータを正常にハッシュしたときに返されます
  • Memory_E メモリエラー、メモリを割り当てることができません。これは、小さなスタックオプションが有効になっているだけです。

function wc_Sha384Hash

int wc_Sha384Hash(
    const byte * data,
    word32 len,
    byte * hash
)

利便性機能は、すべてのハッシュを処理し、その結果をハッシュに入れます。

Parameters:

  • data ハッシュへのデータ
  • len データの長さ Example
none

See:

Return:

  • 0 データを正常にハッシュしたときに返されます
  • Memory_E メモリエラー、メモリを割り当てることができません。これは、小さなスタックオプションが有効になっているだけです。

function wc_InitSha

int wc_InitSha(
    wc_Sha * 
)

この関数はSHAを初期化します。これは自動的にWC_Shahashによって呼び出されます。

See:

Return: 0 初期化に成功したときに返されます Example

Sha sha[1];
if ((ret = wc_InitSha(sha)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha failed");
}
else {
   wc_ShaUpdate(sha, data, len);
   wc_ShaFinal(sha, hash);
}

function wc_ShaUpdate

int wc_ShaUpdate(
    wc_Sha * sha,
    const byte * data,
    word32 len
)

長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。

Parameters:

  • sha 暗号化に使用するSHA構造へのポインタ
  • data ハッシュするデータ Example
Sha sha[1];
byte data[] = { // Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha(sha)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha failed");
}
else {
   wc_ShaUpdate(sha, data, len);
   wc_ShaFinal(sha, hash);
}

See:

Return: 0 データをダイジェストに正常に追加すると返されます。

function wc_ShaFinal

int wc_ShaFinal(
    wc_Sha * sha,
    byte * hash
)

データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。SHA構造体の状態をリセットします。

Parameters:

  • sha 暗号化に使用するSHA構造へのポインタ Example
Sha sha[1];
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha(sha)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha failed");
}
else {
   wc_ShaUpdate(sha, data, len);
   wc_ShaFinal(sha, hash);
}

See:

Return: 0 ファイナライズに成功したときに返されます。

function wc_ShaFree

void wc_ShaFree(
    wc_Sha * 
)

初期化されたSHA構造体によって使用されるメモリをクリーンアップするために使用されます。注:これは、wolfssl_ti_hashが定義されている場合にのみサポートされています。

See:

Return: No 戻り値。 Example

Sha sha;
wc_InitSha(&sha);
// Use sha
wc_ShaFree(&sha);

function wc_ShaGetHash

int wc_ShaGetHash(
    wc_Sha * sha,
    byte * hash
)

ハッシュデータを取得します。結果はハッシュに入れられます。SHA構造体の状態をリセットしません。

Parameters:

  • sha 暗号化に使用するSHA構造へのポインタ Example
Sha sha[1];
if ((ret = wc_InitSha(sha)) != 0) {
WOLFSSL_MSG("wc_InitSha failed");
}
else {
    wc_ShaUpdate(sha, data, len);
    wc_ShaGetHash(sha, hash);
}

See:

Return: 0 ファイナライズに成功したときに返されます。

function wc_InitSha256

int wc_InitSha256(
    wc_Sha256 * 
)

この関数はSHA256を初期化します。これはWC_SHA256HASHによって自動的に呼び出されます。

See:

Return: 0 初期化に成功したときに返されます Example

Sha256 sha256[1];
if ((ret = wc_InitSha256(sha256)) != 0) {
    WOLFSSL_MSG("wc_InitSha256 failed");
}
else {
    wc_Sha256Update(sha256, data, len);
    wc_Sha256Final(sha256, hash);
}

function wc_Sha256Update

int wc_Sha256Update(
    wc_Sha256 * sha,
    const byte * data,
    word32 len
)

長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。

Parameters:

  • sha256 暗号化に使用するSHA256構造へのポインタ
  • data ハッシュするデータ Example
Sha256 sha256[1];
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha256(sha256)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha256 failed");
}
else {
    wc_Sha256Update(sha256, data, len);
    wc_Sha256Final(sha256, hash);
}

See:

Return: 0 データをダイジェストに正常に追加すると返されます。

function wc_Sha256Final

int wc_Sha256Final(
    wc_Sha256 * sha256,
    byte * hash
)

データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。SHA256構造体の状態をリセットします。

Parameters:

  • sha256 暗号化に使用するSHA256構造へのポインタ Example
Sha256 sha256[1];
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha256(sha256)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha256 failed");
}
else {
   wc_Sha256Update(sha256, data, len);
   wc_Sha256Final(sha256, hash);
}

See:

Return: 0 ファイナライズに成功したときに返されます。

function wc_Sha256Free

void wc_Sha256Free(
    wc_Sha256 * 
)

SHA256構造をリセットします。注:これは、wolfssl_ti_hashが定義されている場合にのみサポートされています。

See:

Return: none いいえ返します。 Example

Sha256 sha256;
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha256(&sha256)) != 0) {
    WOLFSSL_MSG("wc_InitSha256 failed");
}
else {
    wc_Sha256Update(&sha256, data, len);
    wc_Sha256Final(&sha256, hash);
    wc_Sha256Free(&sha256);
}

function wc_Sha256GetHash

int wc_Sha256GetHash(
    wc_Sha256 * sha256,
    byte * hash
)

ハッシュデータを取得します。結果はハッシュに入れられます。SHA256構造体の状態をリセットしません。

Parameters:

  • sha256 暗号化に使用するSHA256構造へのポインタ Example
Sha256 sha256[1];
if ((ret = wc_InitSha256(sha256)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha256 failed");
}
else {
   wc_Sha256Update(sha256, data, len);
   wc_Sha256GetHash(sha256, hash);
}

See:

Return: 0 ファイナライズに成功したときに返されます。

function wc_InitSha224

int wc_InitSha224(
    wc_Sha224 * 
)

SHA224構造を初期化するために使用されます。

See:

Return:

  • 0 成功
  • 1 SHA224がNULLなので、エラーが返されました。 Example
Sha224 sha224;
if(wc_InitSha224(&sha224) != 0)
{
    // Handle error
}

function wc_Sha224Update

int wc_Sha224Update(
    wc_Sha224 * sha224,
    const byte * data,
    word32 len
)

長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。

Parameters:

  • sha224 暗号化に使用するSHA224構造へのポインタ。
  • data ハッシュするデータ。 Example
Sha224 sha224;
byte data[] = { /* Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha224(&sha224)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha224 failed");
}
else {
  wc_Sha224Update(&sha224, data, len);
  wc_Sha224Final(&sha224, hash);
}

See:

Return:

  • 0 成功
  • 1 関数が失敗した場合はエラーが返されます。
  • BAD_FUNC_ARG SHA224またはデータがNULLの場合、エラーが返されます。

function wc_Sha224Final

int wc_Sha224Final(
    wc_Sha224 * sha224,
    byte * hash
)

データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。SHA224構造体の状態をリセットします。

Parameters:

  • sha224 暗号化に使用するSHA224構造へのポインタ Example
Sha224 sha224;
byte data[] = { /* Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha224(&sha224)) != 0) {
    WOLFSSL_MSG("wc_InitSha224 failed");
}
else {
    wc_Sha224Update(&sha224, data, len);
    wc_Sha224Final(&sha224, hash);
}

See:

Return:

  • 0 成功
  • <0 エラー

function wc_InitSha512

int wc_InitSha512(
    wc_Sha512 * 
)

この関数はSHA512を初期化します。これはWC_SHA512HASHによって自動的に呼び出されます。

See:

Return: 0 初期化に成功したときに返されます Example

Sha512 sha512[1];
if ((ret = wc_InitSha512(sha512)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha512 failed");
}
else {
   wc_Sha512Update(sha512, data, len);
   wc_Sha512Final(sha512, hash);
}

function wc_Sha512Update

int wc_Sha512Update(
    wc_Sha512 * sha,
    const byte * data,
    word32 len
)

長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。

Parameters:

  • sha512 暗号化に使用するSHA512構造へのポインタ
  • data ハッシュするデータ Example
Sha512 sha512[1];
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha512(sha512)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha512 failed");
}
else {
   wc_Sha512Update(sha512, data, len);
   wc_Sha512Final(sha512, hash);
}

See:

Return: 0 データをダイジェストに正常に追加すると返されます。

function wc_Sha512Final

int wc_Sha512Final(
    wc_Sha512 * sha512,
    byte * hash
)

データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。

Parameters:

  • sha512 暗号化に使用するSHA512構造へのポインタ Example
Sha512 sha512[1];
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha512(sha512)) != 0) {
    WOLFSSL_MSG("wc_InitSha512 failed");
}
else {
   wc_Sha512Update(sha512, data, len);
   wc_Sha512Final(sha512, hash);
}

See:

Return: 0 ハッシュを確定するとうまく返されました。

function wc_InitSha384

int wc_InitSha384(
    wc_Sha384 * 
)

この関数はSHA384を初期化します。これはWC_SHA384HASHによって自動的に呼び出されます。

See:

Return: 0 初期化に成功したときに返されます Example

Sha384 sha384[1];
if ((ret = wc_InitSha384(sha384)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha384 failed");
}
else {
   wc_Sha384Update(sha384, data, len);
   wc_Sha384Final(sha384, hash);
}

function wc_Sha384Update

int wc_Sha384Update(
    wc_Sha384 * sha,
    const byte * data,
    word32 len
)

長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。

Parameters:

  • sha384 暗号化に使用するSHA384構造へのポインタ
  • data ハッシュするデータ Example
Sha384 sha384[1];
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha384(sha384)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha384 failed");
}
else {
   wc_Sha384Update(sha384, data, len);
   wc_Sha384Final(sha384, hash);
}

See:

Return: 0 データをダイジェストに正常に追加すると返されます。

function wc_Sha384Final

int wc_Sha384Final(
    wc_Sha384 * sha384,
    byte * hash
)

データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。

Parameters:

  • sha384 暗号化に使用するSHA384構造へのポインタ Example
Sha384 sha384[1];
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha384(sha384)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha384 failed");
}
else {
   wc_Sha384Update(sha384, data, len);
   wc_Sha384Final(sha384, hash);
}

See:

Return: 0 ファイナライズに成功したときに返されます。


Updated on 2024-05-24 at 02:52:38 +0000