コンテンツにスキップ

Memory Handling

Functions

Name
void * wolfSSL_Malloc(size_t size, void * heap, int type)
この関数はmalloc()と似ていますが、WolfSSLが使用するように構成されているメモリ割り当て関数を呼び出します。デフォルトでは、WolfSSLはmalloc()を使用します。これは、WolfSSLメモリ抽象化レイヤを使用して変更できます - wolfssl_setAllocator()を参照してください。注WOLFSSL_MALLOCは、WOLFSSLによって直接呼び出されませんが、代わりにMacro XMallocによって呼び出されます。デフォルトのビルドの場合、size引数のみが存在します。wolfssl_static_memoryビルドを使用する場合は、ヒープとタイプ引数が含まれます。
void wolfSSL_Free(void * ptr, void * heap, int type)
この関数はfree()と似ていますが、WolfSSLが使用するように構成されているメモリフリー機能を呼び出します。デフォルトでは、WolfSSLはfree()を使用します。これは、WolfSSLメモリ抽象化レイヤを使用して変更できます - wolfssl_setAllocator()を参照してください。注WOLFSSL_FREEはWOLFSSLによって直接呼び出されませんが、代わりにマクロXFreeによって呼び出されます。デフォルトのビルドの場合、PTR引数のみが存在します。wolfssl_static_memoryビルドを使用する場合は、ヒープとタイプ引数が含まれます。
void * wolfSSL_Realloc(void * ptr, size_t size, void * heap, int type)
この関数はREALLOC()と似ていますが、WolfSSLが使用するように構成されているメモリ再割り当て機能を呼び出します。デフォルトでは、WolfSSLはRealLoc()を使用します。これは、WolfSSLメモリ抽象化レイヤを使用して変更できます - wolfssl_setAllocator()を参照してください。注WOLFSSL_REALLOCはWOLFSSLによって直接呼び出されませんが、代わりにマクロXreallocによって呼び出されます。デフォルトのビルドの場合、size引数のみが存在します。wolfssl_static_memoryビルドを使用する場合は、ヒープとタイプ引数が含まれます。
int wolfSSL_SetAllocators(wolfSSL_Malloc_cb , wolfSSL_Free_cb , wolfSSL_Realloc_cb )
この機能は、WolfSSLが使用する割り当て関数を登録します。デフォルトでは、システムがそれをサポートしている場合、Malloc / FreeとRealLocが使用されます。この機能を使用すると、実行時にユーザーは独自のメモリハンドラをインストールできます。
int wolfSSL_StaticBufferSz(byte * buffer, word32 sz, int flag)
この機能は、静的メモリ機能が使用されている場合(–enable-staticMemory)の場合に使用できます。メモリの「バケット」に最適なバッファサイズを示します。これにより、パーティション化された後に追加の未使用のメモリが終了しないように、バッファサイズを計算する方法が可能になります。返された値は、正の場合、使用するコンピュータのバッファサイズです。
int wolfSSL_MemoryPaddingSz(void )
この機能は、静的メモリ機能が使用されている場合(–enable-staticMemory)の場合に使用できます。メモリの各パーティションに必要なパディングのサイズを示します。このパディングサイズは、メモリアライメントのために追加のメモリ管理構造を含む必要があるサイズになります。
void * XMALLOC(size_t n, void * heap, int type)
これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))
void * XREALLOC(void * p, size_t n, void * heap, int type)
これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))
void XFREE(void * p, void * heap, int type)
これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))

Functions Documentation

function wolfSSL_Malloc

void * wolfSSL_Malloc(
    size_t size,
    void * heap,
    int type
)

この関数はmalloc()と似ていますが、WolfSSLが使用するように構成されているメモリ割り当て関数を呼び出します。デフォルトでは、WolfSSLはmalloc()を使用します。これは、WolfSSLメモリ抽象化レイヤを使用して変更できます - wolfssl_setAllocator()を参照してください。注WOLFSSL_MALLOCは、WOLFSSLによって直接呼び出されませんが、代わりにMacro XMallocによって呼び出されます。デフォルトのビルドの場合、size引数のみが存在します。wolfssl_static_memoryビルドを使用する場合は、ヒープとタイプ引数が含まれます。

Parameters:

  • size 割り当てるメモリのサイズ(バイト)
  • heap メモリに使用するヒントヒント。nullになることができます Example
int* tenInts = (int*)wolfSSL_Malloc(sizeof(int)*10);

See:

Return:

  • pointer 成功した場合、この関数は割り当てられたメモリへのポインタを返します。
  • error エラーがある場合は、NULLが返されます。

function wolfSSL_Free

void wolfSSL_Free(
    void * ptr,
    void * heap,
    int type
)

この関数はfree()と似ていますが、WolfSSLが使用するように構成されているメモリフリー機能を呼び出します。デフォルトでは、WolfSSLはfree()を使用します。これは、WolfSSLメモリ抽象化レイヤを使用して変更できます - wolfssl_setAllocator()を参照してください。注WOLFSSL_FREEはWOLFSSLによって直接呼び出されませんが、代わりにマクロXFreeによって呼び出されます。デフォルトのビルドの場合、PTR引数のみが存在します。wolfssl_static_memoryビルドを使用する場合は、ヒープとタイプ引数が含まれます。

Parameters:

  • ptr 解放されるメモリへのポインタ。
  • heap メモリに使用するヒントヒント。nullになることができます Example
int* tenInts = (int*)wolfSSL_Malloc(sizeof(int)*10);
// process data as desired
...
if(tenInts) {
    wolfSSL_Free(tenInts);
}

See:

Return: none いいえ返します。

function wolfSSL_Realloc

void * wolfSSL_Realloc(
    void * ptr,
    size_t size,
    void * heap,
    int type
)

この関数はREALLOC()と似ていますが、WolfSSLが使用するように構成されているメモリ再割り当て機能を呼び出します。デフォルトでは、WolfSSLはRealLoc()を使用します。これは、WolfSSLメモリ抽象化レイヤを使用して変更できます - wolfssl_setAllocator()を参照してください。注WOLFSSL_REALLOCはWOLFSSLによって直接呼び出されませんが、代わりにマクロXreallocによって呼び出されます。デフォルトのビルドの場合、size引数のみが存在します。wolfssl_static_memoryビルドを使用する場合は、ヒープとタイプ引数が含まれます。

Parameters:

  • ptr 再割り当てされているメモリへのポインタ。
  • size 割り当てるバイト数。
  • heap メモリに使用するヒントヒント。nullになることができます Example
int* tenInts = (int*)wolfSSL_Malloc(sizeof(int)*10);
int* twentyInts = (int*)wolfSSL_Realloc(tenInts, sizeof(int)*20);

See:

Return:

  • pointer 成功した場合、この関数はマイポイントを再割り当てするためのポインタを返します。これはPTRと同じポインタ、または新しいポインタの場所であり得る。
  • Null エラーがある場合は、NULLが返されます。

function wolfSSL_SetAllocators

int wolfSSL_SetAllocators(
    wolfSSL_Malloc_cb ,
    wolfSSL_Free_cb ,
    wolfSSL_Realloc_cb 
)

この機能は、WolfSSLが使用する割り当て関数を登録します。デフォルトでは、システムがそれをサポートしている場合、Malloc / FreeとRealLocが使用されます。この機能を使用すると、実行時にユーザーは独自のメモリハンドラをインストールできます。

Parameters:

  • malloc_function 使用するWolfSSLのメモリ割り当て機能関数署名は、上記のwolfssl_malloc_cbプロトタイプと一致する必要があります。
  • free_function 使用するWolfSSLのメモリフリー機能関数シグネチャは、上記のwolfssl_free_cbプロトタイプと一致する必要があります。 Example
static void* MyMalloc(size_t size)
{
    // custom malloc function
}

static void MyFree(void* ptr)
{
    // custom free function
}

static void* MyRealloc(void* ptr, size_t size)
{
    // custom realloc function
}

// Register custom memory functions with wolfSSL
int ret = wolfSSL_SetAllocators(MyMalloc, MyFree, MyRealloc);
if (ret != 0) {
    // failed to set memory functions
}

See: none

Return:

  • Success 成功した場合、この関数は0を返します。
  • BAD_FUNC_ARG 関数ポインタが提供されていない場合に返されるエラーです。

function wolfSSL_StaticBufferSz

int wolfSSL_StaticBufferSz(
    byte * buffer,
    word32 sz,
    int flag
)

この機能は、静的メモリ機能が使用されている場合(–enable-staticMemory)の場合に使用できます。メモリの「バケット」に最適なバッファサイズを示します。これにより、パーティション化された後に追加の未使用のメモリが終了しないように、バッファサイズを計算する方法が可能になります。返された値は、正の場合、使用するコンピュータのバッファサイズです。

Parameters:

  • buffer バッファへのポインタ
  • size バッファのサイズ Example
byte buffer[1000];
word32 size = sizeof(buffer);
int optimum;
optimum = wolfSSL_StaticBufferSz(buffer, size, WOLFMEM_GENERAL);
if (optimum < 0) { //handle error case }
printf(“The optimum buffer size to make use of all memory is %d\n”,
optimum);
...

See:

Return:

  • Success バッファサイズ計算を正常に完了すると、正の値が返されます。この返された値は最適なバッファサイズです。
  • Failure すべての負の値はエラーの場合と見なされます。

function wolfSSL_MemoryPaddingSz

int wolfSSL_MemoryPaddingSz(
    void 
)

この機能は、静的メモリ機能が使用されている場合(–enable-staticMemory)の場合に使用できます。メモリの各パーティションに必要なパディングのサイズを示します。このパディングサイズは、メモリアライメントのために追加のメモリ管理構造を含む必要があるサイズになります。

See:

Return:

  • On 正常なメモリパディング計算戻り値は正の値になります
  • All 負の値はエラーケースと見なされます。 Example
int padding;
padding = wolfSSL_MemoryPaddingSz();
if (padding < 0) { //handle error case }
printf(“The padding size needed for each \”bucket\” of memory is %d\n”,
padding);
// calculation of buffer for IO POOL size is number of buckets
// times (padding + WOLFMEM_IO_SZ)
...

function XMALLOC

void * XMALLOC(
    size_t n,
    void * heap,
    int type
)

これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))

Parameters:

  • s 割り当てるメモリのサイズ
  • h (カスタムXMalloc関数で使用されています)使用するヒープへのポインタ Example
int* tenInts = XMALLOC(sizeof(int)*10, NULL, DYNAMIC_TYPE_TMP_BUFFER);
if (tenInts == NULL) {
    // error allocating space
    return MEMORY_E;
}

See:

Return:

  • pointer 成功したメモリへのポインタを返します
  • NULL 失敗した

function XREALLOC

void * XREALLOC(
    void * p,
    size_t n,
    void * heap,
    int type
)

これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))

Parameters:

  • p Reallocateへのアドレスへのポインタ
  • n 割り当てるメモリのサイズ
  • h (カスタムXrealloc関数で使用されています)使用するヒープへのポインタ Example
int* tenInts = (int*)XMALLOC(sizeof(int)*10, NULL, DYNAMIC_TYPE_TMP_BUFFER);
int* twentyInts = (int*)XREALLOC(tenInts, sizeof(int)*20, NULL,
    DYNAMIC_TYPE_TMP_BUFFER);

See:

Return:

  • Return 成功したメモリを割り当てるポインタ
  • NULL 失敗した

function XFREE

void XFREE(
    void * p,
    void * heap,
    int type
)

これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))

Parameters:

  • p 無料のアドレスへのポインタ
  • h 使用するヒープへの(カスタムXFree関数で使用されています)。 Example
int* tenInts = XMALLOC(sizeof(int) * 10, NULL, DYNAMIC_TYPE_TMP_BUFFER);
if (tenInts == NULL) {
    // error allocating space
    return MEMORY_E;
}

See:

Return: none いいえ返します。


Updated on 2024-06-14 at 02:31:17 +0000