コンテンツにスキップ

Random Number Generation

Functions

Name
int wc_InitNetRandom(const char * configFile, wnr_hmac_key hmac_cb, int timeout)
Init Global WhiteWood Netrandomのコンテキスト
int wc_FreeNetRandom(void )
無料のGlobal WhiteWood Netrandomコンテキスト。
int wc_InitRng(WC_RNG * )
RNGのシード(OSから)とキー暗号を取得します。割り当てられたRNG-> DRBG(決定論的ランダムビットジェネレータ)が割り当てられます(WC_FREERNGで割り当てられている必要があります)。これはブロッキング操作です。
int wc_RNG_GenerateBlock(WC_RNG * rng, byte * b, word32 sz)
疑似ランダムデータのSZバイトを出力にコピーします。必要に応じてRNG(ブロッキング)します。
WC_RNG * wc_rng_new(byte * nonce, word32 nonceSz, void * heap)
新しいWC_RNG構造を作成します。
int wc_FreeRng(WC_RNG * )
RNGがDRGBを安全に解放するために必要なときに呼び出されるべきです。ゼロとXfrees RNG-DRBG。
WC_RNG * wc_rng_free(WC_RNG * rng)
RNGを安全に自由に解放するためにRNGが不要になったときに呼び出されるべきです。 Example
int wc_RNG_HealthTest(int reseed, const byte * entropyA, word32 entropyASz, const byte * entropyB, word32 entropyBSz, byte * output, word32 outputSz)
DRBGの機能を作成しテストします。

Functions Documentation

function wc_InitNetRandom

int wc_InitNetRandom(
    const char * configFile,
    wnr_hmac_key hmac_cb,
    int timeout
)

Init Global WhiteWood Netrandomのコンテキスト

Parameters:

  • configFile 設定ファイルへのパス
  • hmac_cb HMACコールバックを作成するにはオプションです。 Example
char* config = "path/to/config/example.conf";
int time = // Some sufficient timeout value;

if (wc_InitNetRandom(config, NULL, time) != 0)
{
    // Some error occurred
}

See: wc_FreeNetRandom

Return:

  • 0 成功
  • BAD_FUNC_ARG configfileがnullまたはタイムアウトのどちらかが否定的です。
  • RNG_FAILURE_E RNGの初期化に失敗しました。

function wc_FreeNetRandom

int wc_FreeNetRandom(
    void 
)

無料のGlobal WhiteWood Netrandomコンテキスト。

See: wc_InitNetRandom

Return:

  • 0 成功
  • BAD_MUTEX_E Wnr_Mutexでミューテックスをロックするエラー Example
int ret = wc_FreeNetRandom();
if(ret != 0)
{
    // Handle the error
}

function wc_InitRng

int wc_InitRng(
    WC_RNG * 
)

RNGのシード(OSから)とキー暗号を取得します。割り当てられたRNG-> DRBG(決定論的ランダムビットジェネレータ)が割り当てられます(WC_FREERNGで割り当てられている必要があります)。これはブロッキング操作です。

See:

Return:

  • 0 成功しています。
  • MEMORY_E XMallocに失敗しました
  • WINCRYPT_E WC_GENERATSEED:コンテキストの取得に失敗しました
  • CRYPTGEN_E WC_GENERATSEED:ランダムになりました
  • BAD_FUNC_ARG WC_RNG_GenerateBlock入力はNULLまたはSZがMAX_REQUEST_LENを超えています
  • DRBG_CONT_FIPS_E wc_rng_generateblock:hash_genはdrbg_cont_failureを返しました
  • RNG_FAILURE_E wc_rng_generateBlock:デフォルトエラーです。RNGのステータスはもともとOKではなく、drbg_failedに設定されています Example
RNG  rng;
int ret;

#ifdef HAVE_CAVIUM
ret = wc_InitRngCavium(&rng, CAVIUM_DEV_ID);
if (ret != 0){
    printf(“RNG Nitrox init for device: %d failed”, CAVIUM_DEV_ID);
    return -1;
}
#endif
ret = wc_InitRng(&rng);
if (ret != 0){
    printf(“RNG init failed”);
    return -1;
}

function wc_RNG_GenerateBlock

int wc_RNG_GenerateBlock(
    WC_RNG * rng,
    byte * b,
    word32 sz
)

疑似ランダムデータのSZバイトを出力にコピーします。必要に応じてRNG(ブロッキング)します。

Parameters:

  • rng 乱数発生器はWC_INITRNGで初期化された
  • output ブロックがコピーされるバッファ Example
RNG  rng;
int  sz = 32;
byte block[sz];

int ret = wc_InitRng(&rng);
if (ret != 0) {
    return -1; //init of rng failed!
}

ret = wc_RNG_GenerateBlock(&rng, block, sz);
if (ret != 0) {
    return -1; //generating block failed!
}

See:

Return:

  • 0 成功した
  • BAD_FUNC_ARG 入力はNULLまたはSZがMAX_REQUEST_LENを超えています
  • DRBG_CONT_FIPS_E hash_genはdrbg_cont_failureを返しました
  • RNG_FAILURE_E デフォルトのエラーRNGのステータスはもともとOKではなく、drbg_failedに設定されています

function wc_rng_new

WC_RNG * wc_rng_new(
    byte * nonce,
    word32 nonceSz,
    void * heap
)

新しいWC_RNG構造を作成します。

Parameters:

  • heap ヒープ識別子へのポインタ
  • nonce nonceを含むバッファへのポインタ Example
RNG  rng;
byte nonce[] = { initialize nonce };
word32 nonceSz = sizeof(nonce);

wc_rng_new(&nonce, nonceSz, &heap);
  • rng 乱数発生器はWC_INITRNGで初期化された Example
RNG  rng;
int  sz = 32;
byte b[1];

int ret = wc_InitRng(&rng);
if (ret != 0) {
    return -1; //init of rng failed!
}

ret = wc_RNG_GenerateByte(&rng, b);
if (ret != 0) {
    return -1; //generating block failed!
}

See:

Return:

  • WC_RNG 成功の構造
  • NULL 誤りに
  • 0 成功した
  • BAD_FUNC_ARG 入力はNULLまたはSZがMAX_REQUEST_LENを超えています
  • DRBG_CONT_FIPS_E hash_genはdrbg_cont_failureを返しました
  • RNG_FAILURE_E デフォルトのエラーRNGのステータスはもともとOKではなく、drbg_failedに設定されています

wc_rng_generateBlockを呼び出して、疑似ランダムデータのバイトをbにコピーします。必要に応じてRNGが再販されます。

function wc_FreeRng

int wc_FreeRng(
    WC_RNG * 
)

RNGがDRGBを安全に解放するために必要なときに呼び出されるべきです。ゼロとXfrees RNG-DRBG。

See:

Return:

  • 0 成功した
  • BAD_FUNC_ARG RNGまたはRNG-> DRGB NULL
  • RNG_FAILURE_E DRBGの割り当て解除に失敗しました Example
RNG  rng;
int ret = wc_InitRng(&rng);
if (ret != 0) {
    return -1; //init of rng failed!
}

int ret = wc_FreeRng(&rng);
if (ret != 0) {
    return -1; //free of rng failed!
}

function wc_rng_free

WC_RNG * wc_rng_free(
    WC_RNG * rng
)

RNGを安全に自由に解放するためにRNGが不要になったときに呼び出されるべきです。 Example

See:

RNG  rng;
byte nonce[] = { initialize nonce };
word32 nonceSz = sizeof(nonce);

rng = wc_rng_new(&nonce, nonceSz, &heap);

// use rng

wc_rng_free(&rng);

function wc_RNG_HealthTest

int wc_RNG_HealthTest(
    int reseed,
    const byte * entropyA,
    word32 entropyASz,
    const byte * entropyB,
    word32 entropyBSz,
    byte * output,
    word32 outputSz
)

DRBGの機能を作成しテストします。

Parameters:

  • int RESEED:設定されている場合は、Reseed機能をテストします
  • entropyA DRGBをインスタンス化するエントロピー
  • entropyASz バイト数のエントロピヤのサイズ
  • entropyB Reseed Setを設定した場合、DRBGはEntropybでリサイードされます
  • entropyBSz バイト単位のEntropybのサイズ
  • output SEADRANDOMが設定されている場合は、Entropybに播種されたランダムなデータに初期化され、それ以外の場合はEntropya Example
byte output[SHA256_DIGEST_SIZE * 4];
const byte test1EntropyB[] = ....; // test input for reseed false
const byte test1Output[] = ....;   // testvector: expected output of
                               // reseed false
ret = wc_RNG_HealthTest(0, test1Entropy, sizeof(test1Entropy), NULL, 0,
                    output, sizeof(output));
if (ret != 0)
    return -1;//healthtest without reseed failed

if (XMEMCMP(test1Output, output, sizeof(output)) != 0)
    return -1; //compare to testvector failed: unexpected output

const byte test2EntropyB[] = ....; // test input for reseed
const byte test2Output[] = ....;   // testvector expected output of reseed
ret = wc_RNG_HealthTest(1, test2EntropyA, sizeof(test2EntropyA),
                    test2EntropyB, sizeof(test2EntropyB),
                    output, sizeof(output));

if (XMEMCMP(test2Output, output, sizeof(output)) != 0)
    return -1; //compare to testvector failed

See:

Return:

  • 0 成功した
  • BAD_FUNC_ARG ELTOPYAと出力はNULLにしないでください。Reseed Set EntropybがNULLでなければならない場合
  • -1 テスト失敗

Updated on 2024-06-18 at 02:56:43 +0000