コンテンツにスキップ

tfm.h

Functions

Name
word32 CheckRunTimeFastMath(void )
この関数は、整数の最大サイズのランタイムFastMath設定をチェックします。FP_SIZEが正しく機能するために、FP_SIZEが各ライブラリーに一致しなければならないため、ユーザーがWolfCryptライブラリを独立して使用している場合に重要です。このチェックはCheckFastMathSettings()として定義されています。これは、CheckRuntimeFastMathとFP_SIZEを比較するだけで、ミスマッチがある場合は0を返します。

Functions Documentation

function CheckRunTimeFastMath

word32 CheckRunTimeFastMath(
    void 
)

この関数は、整数の最大サイズのランタイムFastMath設定をチェックします。FP_SIZEが正しく機能するために、FP_SIZEが各ライブラリーに一致しなければならないため、ユーザーがWolfCryptライブラリを独立して使用している場合に重要です。このチェックはCheckFastMathSettings()として定義されています。これは、CheckRuntimeFastMathとFP_SIZEを比較するだけで、ミスマッチがある場合は0を返します。

See: CheckRunTimeSettings

Return: FP_SIZE 数学ライブラリで利用可能な最大サイズに対応するFP_SIZEを返します。 Example

if (CheckFastMathSettings() != 1) {
return err_sys("Build vs. runtime fastmath FP_MAX_BITS mismatch\n");
}
// This is converted by the preprocessor to:
// if ( (CheckRunTimeFastMath() == FP_SIZE) != 1) {
// and confirms that the fast math settings match
// the compile time settings

Source code


word32 CheckRunTimeFastMath(void);

Updated on 2024-05-24 at 02:52:39 +0000