コンテンツにスキップ

Math API

Functions

Name
word32 CheckRunTimeFastMath(void )
この関数は、整数の最大サイズのランタイムFastMath設定をチェックします。FP_SIZEが正しく機能するために、FP_SIZEが各ライブラリーに一致しなければならないため、ユーザーがWolfCryptライブラリを独立して使用している場合に重要です。このチェックはCheckFastMathSettings()として定義されています。これは、CheckRuntimeFastMathとFP_SIZEを比較するだけで、ミスマッチがある場合は0を返します。
word32 CheckRunTimeSettings(void )
この関数はコンパイル時クラスの設定をチェックします。設定が正しく機能するためのライブラリ間のライブラリ間で一致する必要があるため、ユーザーがWolfCryptライブラリを独立して使用している場合は重要です。このチェックはCheckCtcSettings()として定義されています。これは、CheckRuntimeSettingsとCTC_Settingsを比較するだけで、ミスマッチがある場合は0、または1が一致した場合は1を返します。

Functions Documentation

function CheckRunTimeFastMath

word32 CheckRunTimeFastMath(
    void 
)

この関数は、整数の最大サイズのランタイムFastMath設定をチェックします。FP_SIZEが正しく機能するために、FP_SIZEが各ライブラリーに一致しなければならないため、ユーザーがWolfCryptライブラリを独立して使用している場合に重要です。このチェックはCheckFastMathSettings()として定義されています。これは、CheckRuntimeFastMathとFP_SIZEを比較するだけで、ミスマッチがある場合は0を返します。

See: CheckRunTimeSettings

Return: FP_SIZE 数学ライブラリで利用可能な最大サイズに対応するFP_SIZEを返します。 Example

if (CheckFastMathSettings() != 1) {
return err_sys("Build vs. runtime fastmath FP_MAX_BITS mismatch\n");
}
// This is converted by the preprocessor to:
// if ( (CheckRunTimeFastMath() == FP_SIZE) != 1) {
// and confirms that the fast math settings match
// the compile time settings

function CheckRunTimeSettings

word32 CheckRunTimeSettings(
    void 
)

この関数はコンパイル時クラスの設定をチェックします。設定が正しく機能するためのライブラリ間のライブラリ間で一致する必要があるため、ユーザーがWolfCryptライブラリを独立して使用している場合は重要です。このチェックはCheckCtcSettings()として定義されています。これは、CheckRuntimeSettingsとCTC_Settingsを比較するだけで、ミスマッチがある場合は0、または1が一致した場合は1を返します。

See: CheckRunTimeFastMath

Return: settings 実行時CTC_SETTINGS(コンパイル時設定)を返します。 Example

if (CheckCtcSettings() != 1) {
    return err_sys("Build vs. runtime math mismatch\n");
}
// This is converted by the preprocessor to:
// if ( (CheckCtcSettings() == CTC_SETTINGS) != 1) {
// and will compare whether the compile time class settings
// match the current settings

Updated on 2024-05-29 at 02:27:47 +0000