コンテンツにスキップ

types.h

Functions

Name
void * XMALLOC(size_t n, void * heap, int type)
これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))
void * XREALLOC(void * p, size_t n, void * heap, int type)
これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))
void XFREE(void * p, void * heap, int type)
これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))
word32 CheckRunTimeSettings(void )
この関数はコンパイル時クラスの設定をチェックします。設定が正しく機能するためのライブラリ間のライブラリ間で一致する必要があるため、ユーザーがWolfCryptライブラリを独立して使用している場合は重要です。このチェックはCheckCtcSettings()として定義されています。これは、CheckRuntimeSettingsとCTC_Settingsを比較するだけで、ミスマッチがある場合は0、または1が一致した場合は1を返します。

Functions Documentation

function XMALLOC

void * XMALLOC(
    size_t n,
    void * heap,
    int type
)

これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))

Parameters:

  • s 割り当てるメモリのサイズ
  • h (カスタムXMalloc関数で使用されています)使用するヒープへのポインタ Example
int* tenInts = XMALLOC(sizeof(int)*10, NULL, DYNAMIC_TYPE_TMP_BUFFER);
if (tenInts == NULL) {
    // error allocating space
    return MEMORY_E;
}

See:

Return:

  • pointer 成功したメモリへのポインタを返します
  • NULL 失敗した

function XREALLOC

void * XREALLOC(
    void * p,
    size_t n,
    void * heap,
    int type
)

これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))

Parameters:

  • p Reallocateへのアドレスへのポインタ
  • n 割り当てるメモリのサイズ
  • h (カスタムXrealloc関数で使用されています)使用するヒープへのポインタ Example
int* tenInts = (int*)XMALLOC(sizeof(int)*10, NULL, DYNAMIC_TYPE_TMP_BUFFER);
int* twentyInts = (int*)XREALLOC(tenInts, sizeof(int)*20, NULL,
    DYNAMIC_TYPE_TMP_BUFFER);

See:

Return:

  • Return 成功したメモリを割り当てるポインタ
  • NULL 失敗した

function XFREE

void XFREE(
    void * p,
    void * heap,
    int type
)

これは実際には関数ではなく、むしろプリプロセッサマクロであり、ユーザーは自分のMalloc、Realloc、および標準のCメモリ関数の代わりに自由な関数に置き換えることができます。外部メモリ機能を使用するには、xmalloc_userを定義します。これにより、メモリ機能をフォームの外部関数に置き換えます.extern void * xmalloc(size_t n、void * heap、int型); extern void * XrealLoc(void * p、size_t n、void *ヒープ、int型)。 extern void xfree(void * p、void * heap、int型); wolfssl_malloc、wolfssl_realloc、wolfssl_freeの代わりに基本的なCメモリ機能を使用するには、NO_WOLFSSL_MEMORYを定義します。これにより、メモリ関数が次のものに置き換えられます。::define Xmalloc(s、h、t)((void)h、(void)t、malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * xp =(p); if((xp))free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)Realloc((p)、(n))これらのオプションのどれも選択されていない場合、システムはデフォルトで使用されます。 WolfSSLメモリ機能ユーザーはコールバックフックを介してカスタムメモリ機能を設定できます(Wolfssl_Malloc、WolfSSL_Realloc、wolfssl_freeを参照)。このオプションは、メモリ関数を次のものに置き換えます。::define xmalloc(s、h、t)((void)H、(Void)T、wolfssl_malloc((s)))::define xfree(p、h、t){void * XP =(P); if((xp))wolfssl_free((xp)); #define xrealloc(p、n、h、t)wolfssl_realloc((p)、(n))

Parameters:

  • p 無料のアドレスへのポインタ
  • h 使用するヒープへの(カスタムXFree関数で使用されています)。 Example
int* tenInts = XMALLOC(sizeof(int) * 10, NULL, DYNAMIC_TYPE_TMP_BUFFER);
if (tenInts == NULL) {
    // error allocating space
    return MEMORY_E;
}

See:

Return: none いいえ返します。

function CheckRunTimeSettings

word32 CheckRunTimeSettings(
    void 
)

この関数はコンパイル時クラスの設定をチェックします。設定が正しく機能するためのライブラリ間のライブラリ間で一致する必要があるため、ユーザーがWolfCryptライブラリを独立して使用している場合は重要です。このチェックはCheckCtcSettings()として定義されています。これは、CheckRuntimeSettingsとCTC_Settingsを比較するだけで、ミスマッチがある場合は0、または1が一致した場合は1を返します。

See: CheckRunTimeFastMath

Return: settings 実行時CTC_SETTINGS(コンパイル時設定)を返します。 Example

if (CheckCtcSettings() != 1) {
    return err_sys("Build vs. runtime math mismatch\n");
}
// This is converted by the preprocessor to:
// if ( (CheckCtcSettings() == CTC_SETTINGS) != 1) {
// and will compare whether the compile time class settings
// match the current settings

Source code


void* XMALLOC(size_t n, void* heap, int type);

void* XREALLOC(void *p, size_t n, void* heap, int type);

void XFREE(void *p, void* heap, int type);

word32 CheckRunTimeSettings(void);

Updated on 2024-06-18 at 02:56:43 +0000