コンテンツにスキップ

logging.h

Functions

Name
int wolfSSL_SetLoggingCb(wolfSSL_Logging_cb log_function)
この関数は、WolfSSLログメッセージを処理するために使用されるロギングコールバックを登録します。デフォルトでは、システムがIT fprintf()をSTDERRにサポートしている場合は、この関数を使用することによって、ユーザーによって何でも実行できます。
int wolfSSL_Debugging_ON(void )
ビルド時にロギングが有効になっている場合、この関数は実行時にロギングをオンにします。ビルド時にログ記録を有効にするには–enable-debugまたはdebug_wolfsslを定義します。
void wolfSSL_Debugging_OFF(void )
この関数はランタイムロギングメッセージをオフにします。彼らがすでに消えている場合は、行動はとられません。

Functions Documentation

function wolfSSL_SetLoggingCb

int wolfSSL_SetLoggingCb(
    wolfSSL_Logging_cb log_function
)

この関数は、WolfSSLログメッセージを処理するために使用されるロギングコールバックを登録します。デフォルトでは、システムがIT fprintf()をSTDERRにサポートしている場合は、この関数を使用することによって、ユーザーによって何でも実行できます。

See:

Return:

  • Success 成功した場合、この関数は0を返します。
  • BAD_FUNC_ARG 関数ポインタが提供されていない場合に返されるエラーです。 Example
int ret = 0;
// Logging callback prototype
void MyLoggingCallback(const int logLevel, const char* const logMessage);
// Register the custom logging callback with wolfSSL
ret = wolfSSL_SetLoggingCb(MyLoggingCallback);
if (ret != 0) {
    // failed to set logging callback
}
void MyLoggingCallback(const int logLevel, const char* const logMessage)
{
// custom logging function
}

function wolfSSL_Debugging_ON

int wolfSSL_Debugging_ON(
    void 
)

ビルド時にロギングが有効になっている場合、この関数は実行時にロギングをオンにします。ビルド時にログ記録を有効にするには–enable-debugまたはdebug_wolfsslを定義します。

See:

Return:

  • 0 成功すると。
  • NOT_COMPILED_IN このビルドに対してロギングが有効になっていない場合は返されるエラーです。 Example
wolfSSL_Debugging_ON();

function wolfSSL_Debugging_OFF

void wolfSSL_Debugging_OFF(
    void 
)

この関数はランタイムロギングメッセージをオフにします。彼らがすでに消えている場合は、行動はとられません。

See:

Return: none いいえ返します。 Example

wolfSSL_Debugging_OFF();

Source code


int wolfSSL_SetLoggingCb(wolfSSL_Logging_cb log_function);

int  wolfSSL_Debugging_ON(void);

void wolfSSL_Debugging_OFF(void);

Updated on 2024-05-28 at 02:32:27 +0000