コンテンツにスキップ

sha512.h

Functions

Name
int wc_InitSha512(wc_Sha512 * )
この関数はSHA512を初期化します。これはWC_SHA512HASHによって自動的に呼び出されます。
int wc_Sha512Update(wc_Sha512 * sha, const byte * data, word32 len)
長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。
int wc_Sha512Final(wc_Sha512 * sha512, byte * hash)
データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。
int wc_InitSha384(wc_Sha384 * )
この関数はSHA384を初期化します。これはWC_SHA384HASHによって自動的に呼び出されます。
int wc_Sha384Update(wc_Sha384 * sha, const byte * data, word32 len)
長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。
int wc_Sha384Final(wc_Sha384 * sha384, byte * hash)
データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。

Functions Documentation

function wc_InitSha512

int wc_InitSha512(
    wc_Sha512 * 
)

この関数はSHA512を初期化します。これはWC_SHA512HASHによって自動的に呼び出されます。

See:

Return: 0 初期化に成功したときに返されます Example

Sha512 sha512[1];
if ((ret = wc_InitSha512(sha512)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha512 failed");
}
else {
   wc_Sha512Update(sha512, data, len);
   wc_Sha512Final(sha512, hash);
}

function wc_Sha512Update

int wc_Sha512Update(
    wc_Sha512 * sha,
    const byte * data,
    word32 len
)

長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。

Parameters:

  • sha512 暗号化に使用するSHA512構造へのポインタ
  • data ハッシュするデータ Example
Sha512 sha512[1];
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha512(sha512)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha512 failed");
}
else {
   wc_Sha512Update(sha512, data, len);
   wc_Sha512Final(sha512, hash);
}

See:

Return: 0 データをダイジェストに正常に追加すると返されます。

function wc_Sha512Final

int wc_Sha512Final(
    wc_Sha512 * sha512,
    byte * hash
)

データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。

Parameters:

  • sha512 暗号化に使用するSHA512構造へのポインタ Example
Sha512 sha512[1];
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha512(sha512)) != 0) {
    WOLFSSL_MSG("wc_InitSha512 failed");
}
else {
   wc_Sha512Update(sha512, data, len);
   wc_Sha512Final(sha512, hash);
}

See:

Return: 0 ハッシュを確定するとうまく返されました。

function wc_InitSha384

int wc_InitSha384(
    wc_Sha384 * 
)

この関数はSHA384を初期化します。これはWC_SHA384HASHによって自動的に呼び出されます。

See:

Return: 0 初期化に成功したときに返されます Example

Sha384 sha384[1];
if ((ret = wc_InitSha384(sha384)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha384 failed");
}
else {
   wc_Sha384Update(sha384, data, len);
   wc_Sha384Final(sha384, hash);
}

function wc_Sha384Update

int wc_Sha384Update(
    wc_Sha384 * sha,
    const byte * data,
    word32 len
)

長さLENの提供されたバイト配列を絶えずハッシュするように呼び出すことができます。

Parameters:

  • sha384 暗号化に使用するSHA384構造へのポインタ
  • data ハッシュするデータ Example
Sha384 sha384[1];
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha384(sha384)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha384 failed");
}
else {
   wc_Sha384Update(sha384, data, len);
   wc_Sha384Final(sha384, hash);
}

See:

Return: 0 データをダイジェストに正常に追加すると返されます。

function wc_Sha384Final

int wc_Sha384Final(
    wc_Sha384 * sha384,
    byte * hash
)

データのハッシュを確定します。結果はハッシュに入れられます。

Parameters:

  • sha384 暗号化に使用するSHA384構造へのポインタ Example
Sha384 sha384[1];
byte data[] = { Data to be hashed };
word32 len = sizeof(data);

if ((ret = wc_InitSha384(sha384)) != 0) {
   WOLFSSL_MSG("wc_InitSha384 failed");
}
else {
   wc_Sha384Update(sha384, data, len);
   wc_Sha384Final(sha384, hash);
}

See:

Return: 0 ファイナライズに成功したときに返されます。

Source code


int wc_InitSha512(wc_Sha512*);

int wc_Sha512Update(wc_Sha512* sha, const byte* data, word32 len);

int wc_Sha512Final(wc_Sha512* sha512, byte* hash);

int wc_InitSha384(wc_Sha384*);

int wc_Sha384Update(wc_Sha384* sha, const byte* data, word32 len);

int wc_Sha384Final(wc_Sha384* sha384, byte* hash);

Updated on 2024-05-28 at 02:32:27 +0000