コンテンツにスキップ

wolfCrypt Init and Cleanup

Functions

Name
int wc_HashGetOID(enum wc_HashType hash_type)
この関数は提供されたwc_hashtypeのOIDを返します。
int wc_HashGetDigestSize(enum wc_HashType hash_type)
この関数は、hash_typeのダイジェスト(出力)のサイズを返します。返品サイズは、WC_HASHに提供される出力バッファが十分に大きいことを確認するために使用されます。
int wc_Hash(enum wc_HashType hash_type, const byte * data, word32 data_len, byte * hash, word32 hash_len)
この関数は、提供されたデータバッファ上にハッシュを実行し、提供されたハッシュバッファにそれを返します。
int wolfCrypt_Init(void )
WolfCryptによって使用されるリソースを初期化するために使用されます。
int wolfCrypt_Cleanup(void )
WolfCryptによって使用されるリソースをクリーンアップするために使用されます。

Functions Documentation

function wc_HashGetOID

int wc_HashGetOID(
    enum wc_HashType hash_type
)

この関数は提供されたwc_hashtypeのOIDを返します。

See:

Return:

  • OID 戻り値0を超えてください
  • HASH_TYPE_E ハッシュ型はサポートされていません。
  • BAD_FUNC_ARG 提供された引数の1つが正しくありません。 Example
enum wc_HashType hash_type = WC_HASH_TYPE_SHA256;
int oid = wc_HashGetOID(hash_type);
if (oid > 0) {
    // Success
}

function wc_HashGetDigestSize

int wc_HashGetDigestSize(
    enum wc_HashType hash_type
)

この関数は、hash_typeのダイジェスト(出力)のサイズを返します。返品サイズは、WC_HASHに提供される出力バッファが十分に大きいことを確認するために使用されます。

See: wc_Hash

Return:

  • Success 正の戻り値は、ハッシュのダイジェストサイズを示します。
  • Error hash_typeがサポートされていない場合はhash_type_eを返します。
  • Failure 無効なhash_typeが使用された場合、bad_func_argを返します。 Example
int hash_len = wc_HashGetDigestSize(hash_type);
if (hash_len <= 0) {
WOLFSSL_MSG("Invalid hash type/len");
return BAD_FUNC_ARG;
}

function wc_Hash

int wc_Hash(
    enum wc_HashType hash_type,
    const byte * data,
    word32 data_len,
    byte * hash,
    word32 hash_len
)

この関数は、提供されたデータバッファ上にハッシュを実行し、提供されたハッシュバッファにそれを返します。

Parameters:

  • hash_type "wc_hash_type_sha256"などの "enum wc_hashtype"からのハッシュ型。
  • data ハッシュへのデータを含むバッファへのポインタ。
  • data_len データバッファの長さ。
  • hash 最後のハッシュを出力するために使用されるバッファへのポインタ。 Example
enum wc_HashType hash_type = WC_HASH_TYPE_SHA256;
int hash_len = wc_HashGetDigestSize(hash_type);
if (hash_len > 0) {
    int ret = wc_Hash(hash_type, data, data_len, hash_data, hash_len);
    if(ret == 0) {
        // Success
    }
}

See: wc_HashGetDigestSize

Return: 0 そうでなければ、それ以外の誤り(bad_func_argやbuffer_eなど)。

function wolfCrypt_Init

int wolfCrypt_Init(
    void 
)

WolfCryptによって使用されるリソースを初期化するために使用されます。

See: wolfCrypt_Cleanup

Return:

  • 0 成功すると。
  • <0 initリソースが失敗すると。 Example
...
if (wolfCrypt_Init() != 0) {
    WOLFSSL_MSG("Error with wolfCrypt_Init call");
}

function wolfCrypt_Cleanup

int wolfCrypt_Cleanup(
    void 
)

WolfCryptによって使用されるリソースをクリーンアップするために使用されます。

See: wolfCrypt_Init

Return:

  • 0 成功すると。
  • <0 リソースのクリーンアップが失敗したとき。 Example
...
if (wolfCrypt_Cleanup() != 0) {
    WOLFSSL_MSG("Error with wolfCrypt_Cleanup call");
}

Updated on 2024-06-14 at 02:31:17 +0000