コンテンツにスキップ

wolfio.h

Functions

Name
int EmbedReceive(WOLFSSL * ssl, char * buf, int sz, void * ctx)
int EmbedSend(WOLFSSL * ssl, char * buf, int sz, void * ctx)
int EmbedReceiveFrom(WOLFSSL * ssl, char * buf, int sz, void * )
int EmbedSendTo(WOLFSSL * ssl, char * buf, int sz, void * ctx)
int EmbedGenerateCookie(WOLFSSL * ssl, unsigned char * buf, int sz, void * )
void EmbedOcspRespFree(void * ctx, byte * resp)
void wolfSSL_CTX_SetIORecv(WOLFSSL_CTX * ctx, CallbackIORecv CBIORecv)
データ。デフォルトでは、WolfSSLはシステムのTCP RECV()関数を使用するコールバックとしてEmbedReceive()を使用します。ユーザは、メモリ、他のネットワークモジュール、またはどこからでも入力するように機能を登録できます。関数の機能とエラーコードのためのガイドとして、src / io.cの埋め込みReceive()関数を参照してください。特に、データが準備ができていないときに、IO_ERR_WANT_READを非ブロック受信用に返す必要があります。
void wolfSSL_SetIOReadCtx(WOLFSSL * ssl, void * ctx)
コールバック関数デフォルトでは、WolfSSLは、WolfSSLがシステムのTCPライブラリを使用している場合、wolfssl_set_fd()に渡されたファイル記述子をコンテキストとして設定します。自分の受信コールバックを登録した場合は、セッションの特定のコンテキストを設定することができます。たとえば、メモリバッファを使用している場合、コンテキストは、メモリバッファーのどこにありかを説明する構造へのポインタであり得る。
void wolfSSL_SetIOWriteCtx(WOLFSSL * ssl, void * ctx)
コールバック関数デフォルトでは、WolfSSLは、WolfSSLがシステムのTCPライブラリを使用している場合、wolfssl_set_fd()に渡されたファイル記述子をコンテキストとして設定します。独自の送信コールバックを登録した場合は、セッションの特定のコンテキストを設定することができます。たとえば、メモリバッファを使用している場合、コンテキストは、メモリバッファーのどこにありかを説明する構造へのポインタであり得る。
void * wolfSSL_GetIOReadCtx(WOLFSSL * ssl)
この関数は、WolfSSL構造体のIOCB_READCTXメンバーを返します。
void * wolfSSL_GetIOWriteCtx(WOLFSSL * ssl)
この関数は、WolfSSL構造のIOCB_WRITECTXメンバーを返します。
void wolfSSL_SetIOReadFlags(WOLFSSL * ssl, int flags)
与えられたSSLセッション受信コールバックは、デフォルトのwolfssl埋め込み受信コールバック、またはユーザによって指定されたカスタムコールバックであり得る(wolfssl_ctx_setiorecvを参照)。デフォルトのフラグ値は、WolfSSLによってwolfsslによって0の値に設定されます。デフォルトのWolfSSL受信コールバックはRECV()関数を使用してソケットからデータを受信します。 「Recv()」ページから:「Recv()関数へのflags引数は、1つ以上の値をOR処理するか、MSG_OOBプロセス帯域外データ、MSG_PEEK PEEK、MSG_PEEK PEEK、MSG_WAITALLがフルを待っています要求またはエラー。 MSG_OOBフラグは、通常のデータストリームで受信されないであろう帯域外データの受信を要求します。一部のプロトコルは通常のデータキューの先頭に迅速なデータを配置し、このフラグをそのようなプロトコルで使用することはできません。 MSG_PEEKフラグは、受信操作によって受信キューの先頭からのデータをキューから削除することなくデータを返します。したがって、以降の受信呼び出しは同じデータを返します。 MSG_WAITALLフラグは、完全な要求が満たされるまで操作ブロックを要求します。ただし、信号がキャッチされている場合は、呼び出し側よりも少ないデータが少なく、エラーまたは切断が発生するか、または受信されるデータが返されるものとは異なるタイプのデータを返します。
void wolfSSL_SetIOWriteFlags(WOLFSSL * ssl, int flags)
SSLセッションを考えると送信コールバックは、デフォルトのWolfSSL EmbedEndコールバック、またはユーザーによって指定されたカスタムコールバックのいずれかです(WolfSSL_CTX_SetiosEndを参照)。デフォルトのフラグ値は、wolfsslによって0の値に設定されます。デフォルトのWolfSSL Send Callbackはsend()関数を使用してソケットからデータを送信します。send()manページから: "flagsパラメータには、次のうち1つ以上が含まれていてもよい。フラグMSG_OOBは、この概念(例えばSOCK_STREAM)をサポートするソケットに「帯域外」データを送信するために使用される。基礎となるプロトコルは、「帯域外」のデータもサポートする必要があります。MSG_DONTROUTEは通常、診断プログラムまたはルーティングプログラムによってのみ使用されます。」
void wolfSSL_SetIO_NetX(WOLFSSL * ssl, NX_TCP_SOCKET * nxsocket, ULONG waitoption)
この関数は、wolfssl構造内のnxctx構造体のNxSocketメンバーとNXWAITメンバーを設定します。
void wolfSSL_CTX_SetGenCookie(WOLFSSL_CTX * ctx, CallbackGenCookie cb)
wolfssl_ctx構造CallBackGencookie Typeは関数ポインタで、署名:int(* callbackgencookie)(wolfssl * ssl、unsigned char * buf、int sz、void * ctx)を持っています。
void * wolfSSL_GetCookieCtx(WOLFSSL * ssl)
この関数は、WolfSSL構造のIOCB_COOKIECTXメンバーを返します。
int wolfSSL_SetIO_ISOTP(WOLFSSL * ssl, isotp_wolfssl_ctx * ctx, can_recv_fn recv_fn, can_send_fn send_fn, can_delay_fn delay_fn, word32 receive_delay, char * receive_buffer, int receive_buffer_size, void * arg)
この関数は、WolfSSLがWolfSSL_ISOTPでコンパイルされている場合に使用する場合は、WolfSSLの場合はISO-TPコンテキストを設定します。

Functions Documentation

function EmbedReceive

int EmbedReceive(
    WOLFSSL * ssl,
    char * buf,
    int sz,
    void * ctx
)

Parameters:

  • ssl wolfssl_new()を使用して作成されたWolfSSL構造へのポインタ。
  • buf バッファのチャーポインタ表現。
  • sz バッファのサイズ。 Example
WOLFSSL_CTX* ctx = wolfSSL_CTX_new( protocol method );
WOLFSSL* ssl = wolfSSL_new(ctx);
char* buf;
int sz;
void* ctx;
int bytesRead = EmbedReceive(ssl, buf, sz, ctx);
if(bytesRead <= 0){
    // There were no bytes read. Failure case.
}

See:

Return:

  • Success この関数は、読み取られたバイト数を返します。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_WANT_READ 最後のエラーがsocket_ewouldbolcokまたはsocket_eagainであれば、メッセージを返されます。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_TIMEOUT "Socket Timeout"メッセージを返しました。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_CONN_RST 最後のエラーがsocket_econnresetの場合、 "Connection Reset"メッセージで返されます。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_ISR 最後のエラーがsocket_eintrの場合、 "Socket Interrupted"メッセージが返されます。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_WANT_READ 最後のエラーがsocket_econneRefusedの場合、「接続拒否」メッセージを返しました。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_CONN_CLOSE 最後のエラーがSOCKET_ECONNABORTEDの場合、「接続中止」メッセージで返されます。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_GENERAL 最後のエラーが指定されていない場合は、「一般的なエラー」メッセージで返されます。

function EmbedSend

int EmbedSend(
    WOLFSSL * ssl,
    char * buf,
    int sz,
    void * ctx
)

Parameters:

  • ssl wolfssl_new()を使用して作成されたWolfSSL構造へのポインタ。
  • buf バッファを表す文字ポインタ。
  • sz バッファのサイズ。 Example
WOLFSSL* ssl = wolfSSL_new(ctx);
char* buf;
int sz;
void* ctx;
int dSent = EmbedSend(ssl, buf, sz, ctx);
if(dSent <= 0){
    // No byes sent. Failure case.
}

See:

Return:

  • Success この関数は送信されたバイト数を返します。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_WANT_WRITE 最後のエラーがsocket_ewouldblockまたはsocket_eagainであれば、 "Block"メッセージを返します。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_CONN_RST 最後のエラーがsocket_econnresetの場合、 "Connection Reset"メッセージで返されます。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_ISR 最後のエラーがsocket_eintrの場合、 "Socket Interrupted"メッセージが返されます。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_CONN_CLOSE 最後のエラーがsocket_epipeの場合、 "Socket Epipe"メッセージを返しました。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_GENERAL 最後のエラーが指定されていない場合は、「一般的なエラー」メッセージで返されます。

function EmbedReceiveFrom

int EmbedReceiveFrom(
    WOLFSSL * ssl,
    char * buf,
    int sz,
    void * 
)

Parameters:

  • ssl wolfssl_new()を使用して作成されたWolfSSL構造へのポインタ。
  • buf バッファへの定数の文字ポインタ。
  • sz バッファのサイズを表すint型。 Example
WOLFSSL_CTX* ctx = wolfSSL_CTX_new( protocol method );
WOLFSSL* ssl = WOLFSSL_new(ctx);
char* buf;
int sz = sizeof(buf)/sizeof(char);
(void*)ctx;
…
int nb = EmbedReceiveFrom(ssl, buf, sz, ctx);
if(nb > 0){
    // nb is the number of bytes written and is positive
}

See:

Return:

  • Success この関数は、実行が成功した場合に読み込まれたNBバイトを返します。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_WANT_READ 接続が拒否された場合、または「ブロック」エラーが発生した場合は機能にスローされました。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_TIMEOUT ソケットがタイムアウトした場合は返されます。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_CONN_RST 接続がリセットされている場合は返されます。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_ISR ソケットが中断された場合は返されます。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_GENERAL 一般的なエラーがあった場合に返されます。

function EmbedSendTo

int EmbedSendTo(
    WOLFSSL * ssl,
    char * buf,
    int sz,
    void * ctx
)

Parameters:

  • ssl wolfssl_new()を使用して作成されたWolfSSL構造へのポインタ。
  • buf バッファを表す文字ポインタ。
  • sz バッファのサイズ。 Example
WOLFSSL* ssl;
…
char* buf;
int sz;
void* ctx;

int sEmbed = EmbedSendto(ssl, buf, sz, ctx);
if(sEmbed <= 0){
    // No bytes sent. Failure case.
}

See:

Return:

  • Success この関数は送信されたバイト数を返します。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_WANT_WRITE 最後のエラーがsocket_ewouldblockまたはsocket_eagainエラーの場合、 "Block"メッセージを返します。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_CONN_RST 最後のエラーがsocket_econnresetの場合、 "Connection Reset"メッセージで返されます。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_ISR 最後のエラーがsocket_eintrの場合、 "Socket Interrupted"メッセージが返されます。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_CONN_CLOSE 最後のエラーがwolfssl_cbio_err_conn_croseの場合、 "Socket Epipe"メッセージを返しました。
  • WOLFSSL_CBIO_ERR_GENERAL 最後のエラーが指定されていない場合は、「一般的なエラー」メッセージで返されます。

function EmbedGenerateCookie

int EmbedGenerateCookie(
    WOLFSSL * ssl,
    unsigned char * buf,
    int sz,
    void * 
)

Parameters:

  • ssl wolfssl_new()を使用して作成されたWolfSSL構造へのポインタ。
  • buf バッファを表すバイトポインタ。xmemcpy()からの宛先です。
  • sz バッファのサイズ。 Example
WOLFSSL_CTX* ctx = wolfSSL_CTX_new( method );
WOLFSSL* ssl = wolfSSL_new(ctx);
byte buffer[BUFFER_SIZE];
int sz = sizeof(buffer)/sizeof(byte);
void* ctx;
…
int ret = EmbedGenerateCookie(ssl, buffer, sz, ctx);

if(ret > 0){
    // EmbedGenerateCookie code block for success
}

See: wolfSSL_CTX_SetGenCookie

Return:

  • Success この関数は、バッファにコピーされたバイト数を返します。
  • GEN_COOKIE_E getPeernameがEmbedGenerateCookieに失敗した場合に返されます。

function EmbedOcspRespFree

void EmbedOcspRespFree(
    void * ctx,
    byte * resp
)

Parameters:

  • ctx ヒープヒントへのvoidポインタ。 Example
void* ctx;
byte* resp; // Response buffer.
…
EmbedOcspRespFree(ctx, resp);

See:

Return: none いいえ返します。

function wolfSSL_CTX_SetIORecv

void wolfSSL_CTX_SetIORecv(
    WOLFSSL_CTX * ctx,
    CallbackIORecv CBIORecv
)

データ。デフォルトでは、WolfSSLはシステムのTCP RECV()関数を使用するコールバックとしてEmbedReceive()を使用します。ユーザは、メモリ、他のネットワークモジュール、またはどこからでも入力するように機能を登録できます。関数の機能とエラーコードのためのガイドとして、src / io.cの埋め込みReceive()関数を参照してください。特に、データが準備ができていないときに、IO_ERR_WANT_READを非ブロック受信用に返す必要があります。

Parameters:

  • ctx wolfssl_ctx_new()で作成されたSSLコンテキストへのポインタ。 Example
WOLFSSL_CTX* ctx = 0;
// Receive callback prototype
int MyEmbedReceive(WOLFSSL* ssl, char* buf, int sz, void* ctx);
// Register the custom receive callback with wolfSSL
wolfSSL_CTX_SetIORecv(ctx, MyEmbedReceive);
int MyEmbedReceive(WOLFSSL* ssl, char* buf, int sz, void* ctx)
{
    // custom EmbedReceive function
}

See:

Return: none いいえ返します。

function wolfSSL_SetIOReadCtx

void wolfSSL_SetIOReadCtx(
    WOLFSSL * ssl,
    void * ctx
)

コールバック関数デフォルトでは、WolfSSLは、WolfSSLがシステムのTCPライブラリを使用している場合、wolfssl_set_fd()に渡されたファイル記述子をコンテキストとして設定します。自分の受信コールバックを登録した場合は、セッションの特定のコンテキストを設定することができます。たとえば、メモリバッファを使用している場合、コンテキストは、メモリバッファーのどこにありかを説明する構造へのポインタであり得る。

Parameters:

  • ssl wolfssl_new()で作成されたSSLセッションへのポインタ。 Example
int sockfd;
WOLFSSL* ssl = 0;
...
// Manually setting the socket fd as the receive CTX, for example
wolfSSL_SetIOReadCtx(ssl, &sockfd);
...

See:

Return: none いいえ返します。

function wolfSSL_SetIOWriteCtx

void wolfSSL_SetIOWriteCtx(
    WOLFSSL * ssl,
    void * ctx
)

コールバック関数デフォルトでは、WolfSSLは、WolfSSLがシステムのTCPライブラリを使用している場合、wolfssl_set_fd()に渡されたファイル記述子をコンテキストとして設定します。独自の送信コールバックを登録した場合は、セッションの特定のコンテキストを設定することができます。たとえば、メモリバッファを使用している場合、コンテキストは、メモリバッファーのどこにありかを説明する構造へのポインタであり得る。

Parameters:

  • ssl wolfssl_new()で作成されたSSLセッションへのポインタ。 Example
int sockfd;
WOLFSSL* ssl = 0;
...
// Manually setting the socket fd as the send CTX, for example
wolfSSL_SetIOWriteCtx(ssl, &sockfd);
...

See:

Return: none いいえ返します。

function wolfSSL_GetIOReadCtx

void * wolfSSL_GetIOReadCtx(
    WOLFSSL * ssl
)

この関数は、WolfSSL構造体のIOCB_READCTXメンバーを返します。

See:

Return:

  • pointer この関数は、wolfssl構造体のiocb_readctxメンバーへのvoidポインタを返します。
  • NULL wolfssl構造体がNULLの場合に返されます。 Example
WOLFSSL* ssl = wolfSSL_new(ctx);
void* ioRead;
...
ioRead = wolfSSL_GetIOReadCtx(ssl);
if(ioRead == NULL){
    // Failure case. The ssl object was NULL.
}

function wolfSSL_GetIOWriteCtx

void * wolfSSL_GetIOWriteCtx(
    WOLFSSL * ssl
)

この関数は、WolfSSL構造のIOCB_WRITECTXメンバーを返します。

See:

Return:

  • pointer この関数は、WolfSSL構造のIOCB_WRITECTXメンバーへのvoidポインタを返します。
  • NULL wolfssl構造体がNULLの場合に返されます。 Example
WOLFSSL* ssl;
void* ioWrite;
...
ioWrite = wolfSSL_GetIOWriteCtx(ssl);
if(ioWrite == NULL){
    // The function returned NULL.
}

function wolfSSL_SetIOReadFlags

void wolfSSL_SetIOReadFlags(
    WOLFSSL * ssl,
    int flags
)

与えられたSSLセッション受信コールバックは、デフォルトのwolfssl埋め込み受信コールバック、またはユーザによって指定されたカスタムコールバックであり得る(wolfssl_ctx_setiorecvを参照)。デフォルトのフラグ値は、WolfSSLによってwolfsslによって0の値に設定されます。デフォルトのWolfSSL受信コールバックはRECV()関数を使用してソケットからデータを受信します。 「Recv()」ページから:「Recv()関数へのflags引数は、1つ以上の値をOR処理するか、MSG_OOBプロセス帯域外データ、MSG_PEEK PEEK、MSG_PEEK PEEK、MSG_WAITALLがフルを待っています要求またはエラー。 MSG_OOBフラグは、通常のデータストリームで受信されないであろう帯域外データの受信を要求します。一部のプロトコルは通常のデータキューの先頭に迅速なデータを配置し、このフラグをそのようなプロトコルで使用することはできません。 MSG_PEEKフラグは、受信操作によって受信キューの先頭からのデータをキューから削除することなくデータを返します。したがって、以降の受信呼び出しは同じデータを返します。 MSG_WAITALLフラグは、完全な要求が満たされるまで操作ブロックを要求します。ただし、信号がキャッチされている場合は、呼び出し側よりも少ないデータが少なく、エラーまたは切断が発生するか、または受信されるデータが返されるものとは異なるタイプのデータを返します。

Parameters:

  • ssl wolfssl_new()で作成されたSSLセッションへのポインタ。 Example
WOLFSSL* ssl = 0;
...
// Manually setting recv flags to 0
wolfSSL_SetIOReadFlags(ssl, 0);
...

See:

Return: none いいえ返します。

function wolfSSL_SetIOWriteFlags

void wolfSSL_SetIOWriteFlags(
    WOLFSSL * ssl,
    int flags
)

SSLセッションを考えると送信コールバックは、デフォルトのWolfSSL EmbedEndコールバック、またはユーザーによって指定されたカスタムコールバックのいずれかです(WolfSSL_CTX_SetiosEndを参照)。デフォルトのフラグ値は、wolfsslによって0の値に設定されます。デフォルトのWolfSSL Send Callbackはsend()関数を使用してソケットからデータを送信します。send()manページから: "flagsパラメータには、次のうち1つ以上が含まれていてもよい。フラグMSG_OOBは、この概念(例えばSOCK_STREAM)をサポートするソケットに「帯域外」データを送信するために使用される。基礎となるプロトコルは、「帯域外」のデータもサポートする必要があります。MSG_DONTROUTEは通常、診断プログラムまたはルーティングプログラムによってのみ使用されます。」

Parameters:

  • ssl wolfssl_new()で作成されたSSLセッションへのポインタ。 Example
WOLFSSL* ssl = 0;
...
// Manually setting send flags to 0
wolfSSL_SetIOWriteFlags(ssl, 0);
...

See:

Return: none いいえ返します。

function wolfSSL_SetIO_NetX

void wolfSSL_SetIO_NetX(
    WOLFSSL * ssl,
    NX_TCP_SOCKET * nxsocket,
    ULONG waitoption
)

この関数は、wolfssl構造内のnxctx構造体のNxSocketメンバーとNXWAITメンバーを設定します。

Parameters:

  • ssl wolfssl_new()を使用して作成されたWolfSSL構造へのポインタ。
  • nxSocket NXCTX構造のNXSOCTOCKメンバーに設定されているNX_TCP_SOCKETを入力するためのポインタ。 Example
WOLFSSL* ssl = wolfSSL_new(ctx);
NX_TCP_SOCKET* nxSocket;
ULONG waitOption;
…
if(ssl != NULL || nxSocket != NULL || waitOption <= 0){
wolfSSL_SetIO_NetX(ssl, nxSocket, waitOption);
} else {
    // You need to pass in good parameters.
}

See:

  • set_fd
  • NetX_Send
  • NetX_Receive

Return: none いいえ返します。

function wolfSSL_CTX_SetGenCookie

void wolfSSL_CTX_SetGenCookie(
    WOLFSSL_CTX * ctx,
    CallbackGenCookie cb
)

wolfssl_ctx構造CallBackGencookie Typeは関数ポインタで、署名:int(* callbackgencookie)(wolfssl * ssl、unsigned char * buf、int sz、void * ctx)を持っています。

Parameters:

  • ssl wolfssl_new()を使用して作成されたWolfSSL構造へのポインタ。 Example
WOLFSSL_CTX* ctx = wolfSSL_CTX_new( method );
WOLFSSL* ssl = wolfSSL_new(ctx);
…
int SetGenCookieCB(WOLFSSL* ssl, unsigned char* buf, int sz, void* ctx){
// Callback function body.
}
…
wolfSSL_CTX_SetGenCookie(ssl->ctx, SetGenCookieCB);

See: CallbackGenCookie

Return: none いいえ返します。

function wolfSSL_GetCookieCtx

void * wolfSSL_GetCookieCtx(
    WOLFSSL * ssl
)

この関数は、WolfSSL構造のIOCB_COOKIECTXメンバーを返します。

See:

Return:

  • pointer この関数は、iocb_cookiectxに格納されているvoidポインタ値を返します。
  • NULL WolfSSL構造体がNULLの場合 Example
WOLFSSL_CTX* ctx = wolfSSL_CTX_new( method );
WOLFSSL* ssl = wolfSSL_new(ctx);
void* cookie;
...
cookie = wolfSSL_GetCookieCtx(ssl);
if(cookie != NULL){
// You have the cookie
}

function wolfSSL_SetIO_ISOTP

int wolfSSL_SetIO_ISOTP(
    WOLFSSL * ssl,
    isotp_wolfssl_ctx * ctx,
    can_recv_fn recv_fn,
    can_send_fn send_fn,
    can_delay_fn delay_fn,
    word32 receive_delay,
    char * receive_buffer,
    int receive_buffer_size,
    void * arg
)

この関数は、WolfSSLがWolfSSL_ISOTPでコンパイルされている場合に使用する場合は、WolfSSLの場合はISO-TPコンテキストを設定します。

Parameters:

  • ssl wolfsslコンテキスト
  • ctx ユーザーはこの関数が初期化されるISOTPコンテキストを作成しました
  • recv_fn ユーザーはバスを受信できます
  • send_fn ユーザーはバスを送ることができます
  • delay_fn ユーザーマイクロ秒の粒度遅延関数
  • receive_delay 各CANバスパケットを遅らせるためのマイクロ秒のセット数
  • receive_buffer ユーザーがデータを受信するためのバッファーが提供され、ISOTP_DEFAULT_BUFFER_SIZEバイトに割り当てられていることをお勧めします。
  • receive_buffer_size - receive_bufferのサイズ Example
struct can_info can_con_info;
isotp_wolfssl_ctx isotp_ctx;
char *receive_buffer = malloc(ISOTP_DEFAULT_BUFFER_SIZE);
WOLFSSL_CTX* ctx = wolfSSL_CTX_new(method);
WOLFSSL* ssl = wolfSSL_new(ctx);
...
wolfSSL_SetIO_ISOTP(ssl, &isotp_ctx, can_receive, can_send, can_delay, 0,
        receive_buffer, ISOTP_DEFAULT_BUFFER_SIZE, &can_con_info);

Return: 0 成功すると、故障のwolfssl_cbio_err_general

Source code


int EmbedReceive(WOLFSSL* ssl, char* buf, int sz, void* ctx);

int EmbedSend(WOLFSSL* ssl, char* buf, int sz, void* ctx);

int EmbedReceiveFrom(WOLFSSL* ssl, char* buf, int sz, void*);

int EmbedSendTo(WOLFSSL* ssl, char* buf, int sz, void* ctx);

int EmbedGenerateCookie(WOLFSSL* ssl, unsigned char* buf,
                                           int sz, void*);

void EmbedOcspRespFree(void* ctx, byte* resp);

void wolfSSL_CTX_SetIORecv(WOLFSSL_CTX* ctx, CallbackIORecv CBIORecv);

void wolfSSL_SetIOReadCtx( WOLFSSL* ssl, void *ctx);

void wolfSSL_SetIOWriteCtx(WOLFSSL* ssl, void *ctx);

void* wolfSSL_GetIOReadCtx( WOLFSSL* ssl);

void* wolfSSL_GetIOWriteCtx(WOLFSSL* ssl);

void wolfSSL_SetIOReadFlags( WOLFSSL* ssl, int flags);

void wolfSSL_SetIOWriteFlags(WOLFSSL* ssl, int flags);

void wolfSSL_SetIO_NetX(WOLFSSL* ssl, NX_TCP_SOCKET* nxsocket,
                                      ULONG waitoption);

void  wolfSSL_CTX_SetGenCookie(WOLFSSL_CTX* ctx, CallbackGenCookie cb);

void* wolfSSL_GetCookieCtx(WOLFSSL* ssl);


int wolfSSL_SetIO_ISOTP(WOLFSSL *ssl, isotp_wolfssl_ctx *ctx,
        can_recv_fn recv_fn, can_send_fn send_fn, can_delay_fn delay_fn,
        word32 receive_delay, char *receive_buffer, int receive_buffer_size,
        void *arg);

Updated on 2024-06-18 at 02:56:43 +0000